ネット銀行に参入=来年度サービス開始―第一生命

 第一生命保険が住信SBIネット銀行や楽天銀行と連携し、インターネット上で預金や金融商品の取引が可能なオンライン銀行サービスの提供に乗り出すことが22日、分かった。金融庁から銀行代理業の許可を得た上で、2022年度中の開始を目指す。  住信SBIネット銀と楽天銀が提供するシステムを活用し、投資信託や年金保険など、幅広い商品を契約できる方向で調整している。保険契約者が受け取った保険金や給付金を他の金融商品に投資してもらうほか、若年層との接点を広げる狙いもある。 

[時事通信社]