元郵便局長、詐取額12億円=社内調査結果を公表―日本郵便

 日本郵便とゆうちょ銀行は2日、長崎住吉郵便局(長崎市)の元局長による金銭の不正取得問題で、顧客らから詐取した金額が12億4000万円に上るとの社内調査結果を発表した。被害は62人、計168件に及ぶ。  日本郵便によると、元局長は約2億7000万円を元金や利子として被害者に返金しており、実損額は約9億7000万円。被害者らと補償交渉を進めている。  記者会見した同社の衣川和秀社長は「お客さまに多大なご迷惑をお掛けし、深くおわびする」と謝罪。局外での現金受け取りを原則禁止とするなどの再発防止策を講じる考えを示した。 

[時事通信社]