金融庁、第一生命に報告命令=元社員が19億円不正取得

 第一生命保険の元社員が顧客から約19億円を不正に集めていた問題で、金融庁が同社に対して保険業法に基づく報告徴求命令を出したことが12日、分かった。金融庁は、不正を長期にわたって見逃し、被害額が拡大したことを問題視。詳細な経緯や再発防止策について報告を求めた。  同社は2日、山口県周南市で営業を担当していた元社員が少なくとも10年以上にわたり、架空取引を持ち掛けて顧客21人から総額約19億円の資金を不正に取得したと発表。警察が捜査している。 

[時事通信社]