携帯利用者とも意見交換=料金引き下げへ要望聴取―武田総務相

 武田良太総務相は6日の閣議後記者会見で、携帯電話料金引き下げをめぐり、利用者側との意見交換会を8日に開くと発表した。携帯電話各社からは個別に意見を聞いており、武田氏は「利用者の立場に立った視点が重要になる」と強調。その上で「各界各層の意見をしっかり受け止め、公正な市場競争が生まれる環境を実現したい」と引き下げ実現へ意欲を示した。  意見交換会は総務省に主婦や高齢者の団体代表者を招き、非公開で行う。武田氏は既にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなど携帯各社トップと個別に意見交換を進め、「いろいろなアイデアを出していただいている」と述べた。 

[時事通信社]