かんぽ、営業再開条件「おおむね充足」=不正販売で自粛中―有識者委

 かんぽ生命保険の不正販売問題で、日本郵政グループが設置した外部有識者による委員会「JP改革実行委員会」は16日、会合を開き、再発防止体制の整備など営業再開に向けた条件を「おおむね充足した」と評価した。出席した日本郵政の増田寛也社長は「十分に条件を充足できる見込みがあるのかを見て、最終判断する」と述べ、改善状況を慎重に見極める考えを示した。  この問題を受け、かんぽ生命は営業を自粛している。同日の会合では、改革の進展状況などを聞き取り調査した委員が、顧客調査や再発防止体制について報告し、再開の条件をおおむね満たしていると認めた。座長の山内弘隆・一橋大大学院特任教授は「営業再開に向けた準備を丁寧に進めてほしい」と提言した。 

[時事通信社]