第一生命HD、純利益85.6%減=外貨建て販売減―20年3月期

 第一生命ホールディングス(HD)が15日発表した2020年3月期連結決算は、純利益が前期比85.6%減の324億3300万円だった。米国など海外の金利低下を背景に子会社の外貨建て保険の販売が低迷。解約返戻金の支払いに備えた責任準備金を会計上の負債として積み増したことが純利益を押し下げた。 

[時事通信社]