東京海上日動、ブロックチェーンで保険契約業務効率化へ=IIJ関連会社と実証実験

 東京海上日動火災保険は13日、インターネットイニシアティブ(IIJ)の関連会社で暗号資産交換業者のディーカレット(東京都千代田区)と共同で、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った契約プロセスの自動化実証実験を行ったと発表した。保険料領収や保険金支払いなど、煩雑な手続きの効率化が狙い。東京海上日動は「予定通りの成果が確認できた」と評価している。 

[時事通信社]