日本郵政に反省なし=国民・原口氏

 国民民主党の原口一博国対委員長は4日の記者会見で、かんぽ生命保険の不適切販売を番組で報じたNHKの対応をめぐり、日本郵政の鈴木康雄上級副社長が「まるで暴力団」などと述べたことについて、「日本郵政には反省というものはないのだろう」と批判した。  原口氏は「品性のない言葉はやめてほしい。日本郵政のガバナンスが問われていることを報じようとしたことに対し、あまりにも傲慢(ごうまん)だ」と語った。鈴木氏は放送行政を所管する総務省の元事務次官。 

[時事通信社]