日本郵政、減収増益=かんぽ不適切販売「算定難しい」-4~6月期

 日本郵政グループが9日発表した2019年4~6月期連結決算は、売上高に相当する経常収益が前年同期比5.5%減の2兆9851億円、純利益が9.3%増の1350億円となった。かんぽ生命保険の不適切販売の影響については「現時点で合理的な算定は難しい」(日本郵政幹部)として、20年3月期の業績予想を据え置いた。 

[時事通信社]