貿易保険、民間損保と連携=中小企業の海外進出支援-経産省

 経済産業省は9日、中小・中堅企業の海外進出を後押しするため、政府が出資する「日本貿易保険(NEXI)」と民間損保各社が連携して海外投資保険を販売しやすくするよう制度を改めると発表した。同日閣議決定した関連政令の改正が週内に発効する予定で、政府は損保各社の積極的な参入を期待している。  民間損保が一定の保険料を支払う代わりにNEXIが補償額の一部を肩代わりする「再保険」の仕組みを導入し、海外投資保険を販売する民間損保の負担を軽減する。損保各社は大手3社だけで1400カ所超の支店を抱える上、関連商品も多い。同省は「中小企業へのきめ細かなサポートが期待できる」とみている。  海外に現地法人を持つ中小企業は2014年で6346社。アジア新興国への進出を加速し、01年の1.5倍に膨らんだ。新興国は先進国に比べ高い経済成長が見込める半面、紛争や自然災害などで事業が損害を受ける可能性も高い。 

[時事通信社]