地震保険料、5.1%上げ=21年から-損保料率機構

 損害保険各社が加盟する損害保険料率算出機構は28日、地震保険料の改定を金融庁に届け出た。全国平均で5.1%引き上げる。適用は2021年1月ごろの見通しだ。  実際の値上げ幅は都道府県ごとに異なり、建物が耐火構造かどうかによっても左右される。値上げ幅が最も大きいのは福島県の耐火建築でない場合で14.7%。  地震保険は、地震、噴火、津波による住宅や家財の被害を補償する。火災保険とセットで加入する必要がある。 

[時事通信社]