不動産へ、10年で3500億円投資=低金利で運用多様化-根岸明治安田生命社長

 明治安田生命保険の根岸秋男社長はインタビューに応じ、超低金利環境が続く中、「(国債中心の)運用を多様化する必要がある」と述べた。資産運用を強化するため、長期的に安定した賃料収入が期待できる不動産を対象に、今後10年で3500億円を投じる考えだ。  根岸氏は「今の低金利環境はまだ続く」と指摘。運用収益を高めるには、不動産や外国債券への投資を増やす必要があるとの認識を示した。  2018年度の業績は、外債投資などが奏功し、本業のもうけを示す基礎利益が過去最高となる見通し。これを受け、明治安田生命は340万件の保険契約者に計35億円の増配を実施する方針。根岸氏は「契約者にしっかり還元していく」と強調した。  同社は19年度、大手生保では初めて、約3万人の全営業職員にスマートフォンの無償貸与を開始。根岸氏は「全社的にデジタル武装していく」と語り、無料対話アプリLINE(ライン)を活用した顧客向け営業の強化や、カメラ機能を使った提出書類のペーパーレス化など負担軽減に取り組む考えを示した。 

[時事通信社]