関電と損保ジャパン、低速モビリティで日本舞踊=大阪城公園で実証実験

 関西電力と損保ジャパン日本興亜は14日、時速約5キロで自動走行する低速モビリティ「iino(イイノ)」を使った訪日外国人(インバウンド)向けサービスの実証実験を報道陣に公開した。実験は17日~21日の間、大阪城公園(大阪市)内で行う。大阪府・市と大阪商工会議所による「実証実験検討チーム」が2025年大阪・関西万博に向けて募集している実証事業の一環。 

[時事通信社]