日生と明治安田が3%賃上げ=年収ベース、ベアは見送り-春闘

 日本生命保険と明治安田生命保険は12日、2019年度の総合職などの賃金について、定期昇給やボーナス増などにより、年収ベースで3%程度引き上げる方針をそれぞれ明らかにした。基本給を底上げするベースアップ(ベア)は行わない。  日生は約1万8000人の総合職らのボーナスを3%引き上げる。定昇と合わせて年収3%増とする。  明治安田はボーナス増のほか、19年4月入社の新入社員から初任給を5000円引き上げる。また定年を65歳に延長し、60歳以上の嘱託職員の待遇を改善。これらにより約1万人の職員の賃金が3%上がることになる。 

[時事通信社]