MS&AD、健康経営を保険で支援=AIのリスク分析とセットで

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は11日、企業の健康経営を支援するサービスを2019年度中にも投入すると発表した。人工知能(AI)による従業員の健康リスク予測と休業時の所得補償を行う保険を組み合わせる。 

[時事通信社]