東京海上、再保険会社を売却=1685億円で

 東京海上ホールディングスは31日、傘下の再保険会社2社を英領バミューダの再保険会社ルネサンス・リー・ホールディングスに売却すると発表した。売却額は約15億ドル(1685億円)。異業種の参入などで競争が激化し、再保険事業の収益性が悪化しているため、より成長が見込める事業に経営資源を集中させる。2019年3月末までの売却完了を目指す。 

[時事通信社]