自動運転で提携=事故情報、開発に活用-トヨタと東京海上

 トヨタ自動車と東京海上日動火災保険、トヨタの自動運転ソフトウエア開発子会社「TRI-AD」(東京)は30日、自動運転の開発で業務提携したと発表した。東京海上日動が持つ交通事故データを活用し、自動運転システムの安全性向上を図る。  トヨタによると、自動運転の開発で、国内の自動車メーカーと損保会社が提携するのは初めてという。  東京海上日動は、年間200万件以上の交通事故対応を行い、発生の状況や原因など1件当たり800項目以上のデータを保有している。こうしたデータを基に、事故が起きやすい状況などを分析し、自動運転のソフト開発に反映させる。 

[時事通信社]