鈴木五輪相、車いすバスケを体験

 鈴木俊一五輪担当相は25日、2020年東京五輪・パラリンピックのパートナー企業である東京海上日動火災保険(東京・丸の内)を訪れ、同社内の体験コーナーで車いすバスケットボールに挑戦したり、社員食堂で東京大会の基準を満たす材料を用いた食事を取ったりした。  同社は大会の機運醸成に向け、社内にパラスポーツの体験コーナーを設けている。車いすバスケとボッチャを体験した鈴木氏は、同社の取り組みに謝意を示した上で、「五輪に比べてまだまだパラリンピックへの関心は低い。あと2年間、理解を深めたい」と述べた。 

[時事通信社]