ゆうちょ・かんぽ、第一号ファンド=900億円で、事業再編など支援

 日本郵政傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険が共同出資する投資会社「JPインベストメント」は11日、第一号となる投資ファンドを設立したと発表した。拠出予定額はゆうちょ銀が600億円、かんぽ生命が300億円の計900億円。国内企業の事業再編・承継のほか、ベンチャー企業などへ資金を供給する。 

[時事通信社]