ゆうちょ限度額撤廃に反対=公平性を懸念-全銀協会長

 全国銀行協会の藤原弘治会長(みずほ銀行頭取)は2日の就任記者会見で、政府で議論されているゆうちょ銀行の預入限度額の撤廃を含めた見直しに反対する考えを強調した。理由について「完全民営化の道筋はまだ示されておらず、公正な競争条件が確保されていない」と懸念を表明した。  ゆうちょ銀が取り扱う貯金の預入限度額の引き上げ・撤廃が実施されれば、民間金融機関から預金がシフトする可能性が指摘されている。 

[時事通信社]